SEARCH SITE BY TYPING (ESC TO CLOSE)

Skip to Content

SCROLL DOWN

ワイナリーの歴史

シチリアの旅、バリオ・ディ・ピアネットの20年.

最初にバリオ・ディ・ピアネットの20年間の繁栄をもたらした壮大な冒険について語ります。 パオロ・マルゾット伯爵はサンタ・クリスティーナ・ジェラとヴァル・ディ・ノートの2つの土地で素晴らしい2つの異なるユニークなシチリアテロワールを表現できるワインを生産するという夢を実現しました。偉大なフランスのシャトーのワイン造りのノウハウを活かしながら、伝統と革新の完璧なバランスによって、魅力あふれる高品質なワインを造り上げました。

パレルモの郊外にある畑とヴァル・ディ・ノートの畑。2つの異なるテロワールでありながら、一緒になって1つの個性ある品質の高いデザインを形成します。バリオ・ディ・ピアネットとそのワイン畑を結びつけるのは重要な歴史的な認識です。バリオ・ディ・ピアネットの環境に配慮した持続可能な生産はワイン畑全体(約160ヘクタール)の有機農業への変換によって確認および強化されました。飲食に関して明確で信頼できる情報を求めている多くのワイン愛好家のニーズを満たす努力から生まれたのです。

その選択はますます多様化し広がっていく消費者層に注目されることで報われました。バリオ・ディ・ピアネットが生産するすべてのボトルの50%はイタリア国外で販売されています:米国、日本、ドイツ、ベルギー、スイス、ロシア、フランス、ノルウェー、チェコ共和国、カナダ、および多くの新興経済国で。

シチリアの旅、バリオ・ディ・ピアネットの20年

最初にバリオ・ディ・ピアネットの20年間の繁栄をもたらした壮大な冒険について語ります。 パオロ・マルゾット伯爵はサンタ・クリスティーナ・ジェラとヴァル・ディ・ノートの2つの土地で素晴らしい2つの異なるユニークなシチリアテロワールを表現できるワインを生産するという夢を実現しました。偉大なフランスのシャトーのワイン造りのノウハウを活かしながら、伝統と革新の完璧なバランスによって、魅力あふれる高品質なワインを造り上げました。

バリオ・ディ・ピアネットが生産するボトルの50%はイタリア国外で販売されています。

パレルモの郊外にある畑とヴァル・ディ・ノートの畑。2つの異なるテロワールでありながら、一緒になって1つの個性ある品質の高いデザインを形成します。バリオ・ディ・ピアネットとそのワイン畑を結びつけるのは重要な歴史的な認識です。バリオ・ディ・ピアネットの環境に配慮した持続可能な生産はワイン畑全体(約160ヘクタール)の有機農業への変換によって確認および強化されました。飲食に関して明確で信頼できる情報を求めている多くのワイン愛好家のニーズを満たす努力から生まれたのです。

その選択はますます多様化し広がっていく消費者層に注目されることで報われました。バリオ・ディ・ピアネットが生産するすべてのボトルの50%はイタリア国外で販売されています:米国、日本、ドイツ、ベルギー、スイス、ロシア、フランス、ノルウェー、チェコ共和国、カナダ、および多くの新興経済国で。

ファミリー

パオロ・マルゾット伯爵

何年も前、まだ彼が何者になるか想像するには幼すぎる子供時代にシチリアを家族で旅行しました。彼は母親にワインを1本買ってもらうよう頼みました。もちろん母親はそのリクエストをするには若すぎると答えました。にもかかわらず結局母親が折れるまであきらめませんでした。彼女は言いました。ワインを手に入れても飲むのは17歳になるまで待たなければいけないよと。

その年齢に達した子供だった少年は、ついに栓を開けましたがワインの多くが蒸発したことに気づきました。 パオロ・マルゾット伯爵は長い間待ちこがれたワインを味わうことができませんでしたが、この特別な発見は彼の想像力を捕らえました。
このようにして伯爵はワインの製造方法を知りたいと思い始めました。

DSCN4150c

それぞれの地域で長い間充分に確立されたすばらしいワイン造りの伝統、ヴェネト、トスカーナ、アルト・アディジェ、ロンバルディア、そして最後に1997年にこチリアを研究した。 伯爵はこの地、パレルモの郊外に、見晴らしの良い丘陵、甘美な緑、切り立った岩肌、豊富な水源があり「リトルスイス」の愛称で呼ばれるバリオ・ディ・ピアネットを見つけました。

ここバリオ・ディ・ピアネットと、1年後に取得されたノート県のテヌータ・バローニのワイン農園では、パオロ伯爵は、偉大なフランスのシャトーのワイン造りを通じて独特のテロワールを高めたワインを造りたいという理想を実現しました。 。テヌータ・バローニはシチリア土着品種のネロ・ダーヴォラの本拠地になりました。チェンバリの醸造に使われます。
その独特の柔らかさと優雅さで伯爵の最高のワインの1つなりました。
伯爵の願いや思考がシチリアへの愛情とワインへの情熱へとなっていきました。その愛情は革新的で勇気ある選択として生かされます。2代目や3代目も創業者のビジョンをさらに進歩させました。マルゾット家の歴史的な責任となりました。

ファミリー

パオロ・マルゾット伯爵

何年も前、まだ彼が何者になるか想像するには幼すぎる子供時代にシチリアを家族で旅行しました。彼は母親にワインを1本買ってもらうよう頼みました。もちろん母親はそのリクエストをするには若すぎると答えました。にもかかわらず結局母親が折れるまであきらめませんでした。彼女は言いました。ワインを手に入れても飲むのは17歳になるまで待たなければいけないよと。

その年齢に達した子供だった少年は、ついに栓を開けましたがワインの多くが蒸発したことに気づきました。 パオロ・マルゾット伯爵は長い間待ちこがれたワインを味わうことができませんでしたが、この特別な発見は彼の想像力を捕らえました。

このようにして伯爵はワインの製造方法を知りたいと思い始めました。

DSCN4150c

それぞれの地域で長い間充分に確立されたすばらしいワイン造りの伝統、ヴェネト、トスカーナ、アルト・アディジェ、ロンバルディア、そして最後に1997年にこチリアを研究した。 伯爵はこの地、パレルモの郊外に、見晴らしの良い丘陵、甘美な緑、切り立った岩肌、豊富な水源があり「リトルスイス」の愛称で呼ばれるバリオ・ディ・ピアネットを見つけました。

ここバリオ・ディ・ピアネットと、1年後に取得されたノート県のテヌータ・バローニのワイン農園では、パオロ伯爵は、偉大なフランスのシャトーのワイン造りを通じて独特のテロワールを高めたワインを造りたいという理想を実現しました。 。テヌータ・バローニはシチリア土着品種のネロ・ダーヴォラの本拠地になりました。チェンバリの醸造に使われます。

その独特の柔らかさと優雅さで伯爵の最高のワインの1つなりました。

伯爵の願いや思考がシチリアへの愛情とワインへの情熱へとなっていきました。その愛情は革新的で勇気ある選択として生かされます。2代目や3代目も創業者のビジョンをさらに進歩させました。マルゾット家の歴史的な責任となりました。

to-topto-top