SEARCH SITE BY TYPING (ESC TO CLOSE)

Skip to Content

SCROLL DOWN

カンティーナ バローニ

ヴァル・ディ・ノート、古代の貴重なブドウ栽培の歴史

ノートの町と海の近くにあるバローニのカンティーナは、パチーノの自治体にあります。1000年の長い歴史のあるブドウ栽培に恵まれた土地です。 この島に特別な落ち着き先を見つけたシラーを除いて、バローニでは土着品種を栽培しています。 パオロ・マルゾット伯爵がここでシチリアの最高のブドウ、ネロ・ダーヴォラを栽培し、彼のお気に入りの最も完成されたワインの1つを造ることにしました。 またノートがバロック建築で有名なのと同じくらい、美味しいミュスカを使用した甘いパッシートであるラ・イス・エッセンツァも造られています。

ワイナリーを巡る

テロワール

シチリアのこのエリアでは降雨はまれであり主に冬に降ります。 冬も夏も穏やかな気温で、植物の生産サイクルの規則性を守ることで常に豊富な収穫をもたらします。 昼間は太陽が土を熱し、その後夜間に熱が放出され、涼しい潮風によって緩和されます。 土壌の組成はさまざまでわずかに傾斜した所とほとんどが傾斜した
所があります。

0
本/ha
5000
ヘクタール辺りの植付率
0
標高
0
温度
0
本/ha
5000
ヘクタール辺りの植付率
0
標高
0
温度

ワイナリーを巡る

訪問と試飲

訪問と試飲

to-topto-top